美容師も知らないカラートリートメントの注意点

白髪染めをしてる人で使ってることが多い

 

「カラートリートメント」

 

カラーをしてから長持ちさせる目的や

次回に美容室に行くまで、もたせようとして使ってると思います

 

でも、美容師も知らない注意点があります

 

それは、

 

ヘアカラーが染まりづらくなること!

 

カラートリートメントというのは何度も何度も使って髪の毛に色をつけていくもの

 

だから1度使ったくらいでは染まりません

 

何度も何度も使って染まるから髪の毛に蓄積します

それがどんなに良いものだといってる物でも蓄積するんです

 

しばらく使ってなかったとしてもずっと残る!

 

自分では気づかないでしょうが、ぼくは見ればわかります

 

しかも、カラートリートメントはトリートメントに色が付いています

使うと白髪にだけ色が入ってますよね?

 

明るくはならないはずです!

 

ということは、

髪の毛をコーティングしてるようなことなので美容室で染めても染まりづらくなります

 

白髪を気にして染めたいのにちゃんとは染まらない・・・。

 

美容師も配慮して出来ればいいですが、出来ないこともあります!

 

しかも、カラートリートメントなので髪の毛は染毛されてます

その証拠に、次の日にシャンプーしたら泡に色がついてますよね!

 

1番気になるのは

髪の毛にずっと付着してるって気持ち悪くないですか???

 

 

 

髪の毛の内側で発色するのがヘアカラーです

カラートリートメントというのは、ヘアマニキュアやヘナなどと同じ髪の毛の外側が染まる

 

その違いがヘアカラーの染まりを悪くします!

 

美容師が悪いこともありますが、その使ってるものが原因のこともあります

 

何も知らないで使ってると気にしてる白髪も染まりづらくなりますよ☆

 

 

IMG_20180811_162321792.jpg

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です